ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:『1点』を争う激戦で守備は改善傾向でも攻撃は『前へ』の意識が足りずに引き分け

江尻篤彦監督「調子のいい選手を使ってあげるというのは我々の中での鉄則な部分もある」

2019年04月26日 20:07 by akanuma_keiko

フィールドプレーヤーが4つのグループに分かれて行なった鳥カゴ(ボール回し)の選手の様子を見てチェックしている江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:

Q:今節の大宮が3-4-2-1システムなのかわかりませんし、千葉も前節(第10節・横浜FC戦)と同じ3-4-1-2システムか、その前までの3-4-2-1システムかわかりませんが、両チームが同じシステムなら横浜FC戦のようにミラーゲームになります。特に前半はサイドをえぐってマイナスに折り返す攻撃のパターンも見えたと思うのですが、改めて今節のポイントがワイドのポジションになるのか、それから横浜FC戦の前半のように攻撃的になるのか、そのあたりの手応えについてはどうでしょうか。
「少しアグレッシブに攻撃的な選手と少し配置を変えながらトライした横浜FCとの試合でしたし、いい部分は攻撃のところで全体的に厚みが増せたかなという。今まではちょっと単発過ぎていた部分も含めて、そういう部分はよかったのかなと思いますけど、結果的に3失点してしまったというのは僕にとってはすごく大きいポイントだったので、それも踏まえながら大宮(戦)を考えている途中です」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【無料掲載】9月11日練習の様子(写真6枚)

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【水戸戦直前レポート】前の選手を追い越す『3人目』の動きで得点し、攻守で走り勝つことがポイント

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「フクアリでこれだけ勝てないことは今までない。多くの人が来てくれているので、結果で応えたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)