ジェフ便り

【北九州vs千葉】レポート:相手の決定力不足もあって連敗ストップも、セットプレーで決めきれず3試合連続無得点

新井一耀選手「まず3人でしっかり声をかけ合ってコミュニケーションをとるということを、試合前から話し合っていて、それは90分間通してできたと思います」

2021年06月27日 12:55 by akanuma_keiko

〇新井一耀選手


Q:久々のJ2リーグ戦でのスタメン出場でしたが、システムが3バックに変わっている中で、どのようなことをセンターバックの残りの2人(鈴木大輔、岡野洵)と意識して試合を進めようと考えていたのでしょうか。

「まず3人でしっかり声をかけ合ってコミュニケーションをとるということを、試合前から話し合っていて、それは90分間通してできたと思います。あとは、後ろから(パスを)しっかりつないでいくというところで、(パスを)出したらサポートというところを意識したり、チャレンジ&カバーやリスク管理というところも一から確認したりして、声をかけながらやろうということで(試合に)入りました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

福満隆貴選手「得点チャンスがありながら、なかなか得点が取れていなかったので、得点が取れたというのはホッとしています」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

田口泰士選手「いい守備からいい攻撃というのが体現できた」

【東京Vvs千葉】レポート:勝利にこだわる思い切りのよいシュートで、今季最多の5得点で今季初の3連勝を達成

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)