ジェフ便り

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

チャンミンギュ選手「先輩である柳想鉄さんがお亡くなりになられたということで、今日はそういう思いを届けるために本当に点を取りたかったんです」

2021年06月11日 12:52 by akanuma_keiko

●チャン ミンギュ選手:

Q:ナイスゴールでした。今日のゴールは(昨季に千葉に加入しての公式戦初得点で)プロ初ゴールで、さらに決勝点ということで、率直な感想を教えてください。

「プロになって初ゴールを決めたということが本当に嬉しいです。でも、韓国から訃報が届いて、先輩である柳想鉄(ユ サンチョル)さんがお亡くなりになられたということで、今日はそういう思いを届けるために本当に点を取りたかったんです。今日は点を取ることができて、本当に嬉しかったです」

Q:柳想鉄さんへの思いがこもった、そして魂のこもったゴールだったのですね。

「そうですね。まずゴールに関しては、試合前からしっかりとセットプレーの準備をコーチングスタッフの方々がやってくれています。もちろん守備ではセットプレーを含めて(失点を)ゼロでしのいで、攻撃ではああいったところで1点決める。セットプレーの練習からゴールを決めていてフィーリングが良かったので、チームとして細かくやっていた練習の成果が出たと思っています」

Q:トレーニングの取材には行けないでいるのですが、セットプレーの練習でもショートコーナーからチャン選手があそこに飛び込むという形をやっているのですね。

「そうですね。毎回、あそこ(を狙う)というのではなく、いろいろと(相手を)分析した結果、自分たちの中であるゾーンに入るとか、いろいろと細かいことがあります。ここで多くのことは言えないのですが、それにしっかりとのっとってやった結果、しっかりゴールを決めることができました」

Q:前半は大宮にかなり攻められ、クロスボールも入れられながらも、それをうまくはね返していたと思います、振り返ってみると、後半にうまく修正できたというふうに、チャン選手は感じていますか。

「もちろん無失点ということでチームとして修正することができたと思います。あとは、練習中から対相手チームを想定してやっていることで、その練習の成果というのが試合に出たんじゃないかなと思います」

Q:今日は3バックのメンバーがJ2リーグ戦と違い、3バックの左サイドに高橋壱晟選手が入りました。髙橋選手はあまりディフェンスラインに入ることがない選手ですが、その中で意識したことや手応えを教えていただけますか。

「まず無失点で試合を終えて、試合にも勝てたということで、全体的に良かったと思います。壱晟は攻撃的な選手ですし、もちろんセンターバックの選手ではないので、彼のいるサイドのほうにいつもよりもカバーリングの意識を少し強めに持っていたつもりです」

Q:今日、点を取ったことで、今後、どんどん点を取っていきたいとか、点を取れる手応えのようなものはありますか。

「そうですね。全選手がやはりああいうセットプレーでしっかり合わせて点を取りたいと思っていると思います。ただ、ディフェンスというのが僕の一番の仕事なので、まずはしっかりと無失点の守備をしたうえで、得点も狙っていけたらいいなと思っています」

Q:先ほど柳想鉄さんのお話が出ましたが、チャン ミンギュ選手にとってどのような存在だったのでしょうか。

「2002年のワールドカップ日韓大会の時、僕はまだ4歳だったので、その大会の記憶はそんなにないんですけど、そのあと自分が大きくなった時に柳想鉄選手のプレーを試合で見ることがありました。いろんなポジションでプレーしていたのですが、どのポジションもクオリティ高く、しっかりとこなすところが第一にすごいと思いました。それから、やはり日本で韓国人選手の価値をしっかりと高めくれた選手なので、そういう意味で本当に偉大な先輩だなと思って尊敬の目で見ています」

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)