ジェフ便り

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

福満隆貴選手「もう1回、チーム全体としてやることを明確に、徹底して練習から取り組んでいるということが試合にも出ている」

2021年06月08日 19:05 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

〇福満隆貴選手:

Q:千葉は現在、6戦負けなしという状況で、周りから見ていてもチームの攻守の歯車が少しずつ噛み合って、調子が上向きかなと思いますし、サポーターもそう見ていると思います。実際にやっている選手としては、どんなところが攻守で上向きというか、良くなっていると思っているのか、教えてください。

「もう1回、チーム全体としてやることを明確にと言いますか、徹底して練習から取り組んでいるということが試合にも出ていると思います。雰囲気もすごくいい雰囲気になっていると思うので、継続していけたらいいかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)