ジェフ便り

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】プレビュー:大宮のハイプレス対策の攻撃に工夫を加え、粘り強く、我慢強くプレーして勝ちきりたい

2021年06月09日 10:18 by akanuma_keiko

昨季は新型コロナウイルスの影響で大会のレギュレーションが変更となり、出場チーム数が減らされたことで、千葉は出場がなかった天皇杯。今大会は2回戦からの登場となり、対戦相手は奇しくも5月29日にJ2リーグ第16節で対戦したばかりの大宮となった。

千葉は6月6日開催のJ2リーグ第17節・山形戦で、前半はダブルボランチが積極的に入れる縦パス、1トップの林誠道とセカンドトップの山田康太の巧みなポジショニングもあって、守備が後手に回った感があった。尹晶煥監督は前述の山形の攻撃に対応すべく、後半開始時に田口泰士から小林祐介に代え、さらにダブルボランチ、1トップ&2シャドーの3-4-2-1だったフォーメーションを、小林のアンカー、サウダーニャと船山貴之の2トップに変更。それが奏功して59分、シャドーからインサイドハーフにポジションを変えた見木友哉のサイドを変える大きな展開のパスを受けた安田理大がクロスボールを入れると、ニアサイドにサウダーニャと小島秀仁が入ってマークが甘くなったエリアに飛び込んだ船山がヘディングシュートを決めて先制点を奪った。だが、前線の攻守のパワーが落ちてきても尹監督は動かず、山形が攻めこむ場面が増えてしまう。79分、山形は選手交代によって左サイドハーフから右サイドハーフにポジションを変えていた中原輝が、カットインから素晴らしいシュートを決めて追いついた。その後は攻め合う中でもなかなか決定機までは作れず、1-1の引き分けで試合終了。千葉は山形のラストパスやシュートの精度不足に助けられた場面もあり、攻撃もミスや連係不足が目立って課題が残った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)