ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:開幕戦の反省を生かして攻守は改善傾向も、個のプレーと連係でミスもあって引き分け

鈴木大輔選手「(愛媛は)ハードワークしてくるなと。スペースに走ってくる選手が多いというのは印象的だったので、そこに対して僕たちがどういう守備をするかは大事になる」

2021年03月06日 18:37 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

●鈴木大輔選手:

Q:開幕戦は1-1の引き分けで、追いついて勝点1を拾ったということで決して悪い結果ではないと思います。大輔選手から見たチームの手応え、こんなところを改善していきたいというところなど、開幕戦を終えての率直な感想を教えてください。

「開幕戦ということでお互いに堅い試合だったと思いますし、僕らもホームで勝利が欲しかったので、正直に言うと悔しい気持ちはあります。自分たちがやろうとしている、積極的な守備というものを表現しようというところは出せたと思う時間帯はあったと思います。この前の試合で言うと、GKの(鈴木)椋大にPK(をセーブして失点を阻止したということ)で助けられたということがありながらも、失点したあとにそこまで大崩れすることなく自分たちの流れに持っていけたというところは、自分としてはすごく良かったのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)