ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:開幕戦の反省を生かして攻守は改善傾向も、個のプレーと連係でミスもあって引き分け

大槻周平選手「(愛媛は)前線からけっこう守備をしてくるというところがあるので、そういったところを裏返せればチャンスになるのかなと思います」

2021年03月06日 10:42 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

●大槻周平選手:

Q:開幕戦が終わりましたが、新しいチームでプレーしてみての感想と、1戦目(の公式戦)が終わってチームとして感じた課題や収穫を教えていただけますか。

「開幕戦ということもあって、ちょっと堅い試合になっちゃったというか、いつも通りの動きをみんながあまり見せられなかったと思います。個人もそうなんですけど、特に前半に関してはみんながちょっと緊張したかどうかまでは分からないですけど、ちょっと硬い印象で、自分たちがやりたいサッカーというのがなかなか見せられなかったです。でも、後半はちょっとずつではあるんですけど、何回かいいシーンもあったんですけど、シュートまで持っていけないシーンが何回かあったので。もっともっと怖いところに入って行くことだったり、シュートで終わるということが大事だと思いました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)