ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:開幕戦の反省を生かして攻守は改善傾向も、個のプレーと連係でミスもあって引き分け

尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

2021年03月06日 22:11 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

○尹晶煥監督

Q:開幕戦(甲府戦)は勝利とはなりませんでしたが、追いついたという形での引き分けで、終了間際のPKストップもありました。今週のトレーニングを見て、尹監督が感じた雰囲気、ミーティングでおっしゃったことがあれば、教えていただけますか。

「この前の試合はよく言えば運が良かったなという感じですね。もう1回試合を見た時に、『こんなに何もできなかったんだな』という印象もあったので、そういう反省もしました。今週のトレーニングでは、攻撃のところは今年に入ってけっこうやってはいますが、選手たちがなかなかうまく(パスを)つなげていないところがけっこう多かったので、それはずっとやり続けないといけないところだと思っています。 基本、守備のところはみんなに話をしているので、『そういうところは継続していこう』という話はしています。でも、やっぱり試合になってみないと分からないところがあるし、選手一人ひとりが相手を怖がらずに、恐れずにやらないといけないところなんですけど、選手たちの気持ちがそういうふうになるようにしないといけないと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)