ジェフ便り

【松本vs千葉】レポート:出場機会を与えられた選手が奮闘し、セットプレーを生かした得点で今季初の逆転勝利

尹晶煥監督「やりたいことはやっぱり組織的な守備なので、それをまず忠実にしないといけないなと思います」

2020年11月11日 10:44 by akanuma_keiko

写真=2020年2月20日撮影

●尹晶煥監督:

Q:(前節・山形戦の)厳しい敗戦から2日が経ちましたが、尹監督ご自身は頭の中を整理して切り替えることに成功されたのでしょうか。

「まあ、切り替えないといけないですよね。負けた試合は悔しいですけど、今はもう(試合は)終わったので、前を向いて進まないといけないなと思います」

Q:選手たちも同じようにそれができていますか。

「いや、たぶんまだ残っているんじゃないですかね。たぶん衝撃を受けていると思うんですけど、中2日なので、たぶんまだ抜け切れない選手もいると思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「キーポイントとしては遠藤と中野という2人の選手になるんじゃないかなと思います」

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

田口泰士選手「今、一番大きいのは試合をやりながら自分たちでピッチの中で意見を出し合ってやっているということ」

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

安田理大選手「何かこう終盤になってきてちょっと自信をつけてきたのかなというのを感じますね」

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)