ジェフ便り

【松本vs千葉】レポート:出場機会を与えられた選手が奮闘し、セットプレーを生かした得点で今季初の逆転勝利

工藤浩平選手「自分にとっては久しぶりのゲームだったし、久しぶりのアルウィンだったというので、テンションはわりと高まっていました」

2020年11月12日 17:08 by akanuma_keiko

●工藤浩平選手:
Q:久しぶりの試合出場はいかがでしたか。

「久しぶりの試合で、しかも久しぶりのアルウィンでっていうところで、気持的にはすごくやってやろうというか、何ていうんですかね、チームとして、ジェフとして、前節(第32節・山形戦)の試合がああいう(1-5というスコアでの)結果だったので。アウェイ(ゲーム)ですけど、勝って帰ろうというチームのやるべきことと、自分にとっては久しぶりのゲームだったし、久しぶりのアルウィンだったというので、テンションはわりと高まっていました、自分なりには」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】プレビュー:連勝で勢いのある相手のサイド攻撃に対応し、相手にとって嫌なところを突いて攻めたい

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)