ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:集中を切らさず粘り強い堅守を見せるも、攻撃は精度と連係を欠いてスコアレスドロー

新井章太選手「実際にやっているほうも『すごく良くなったな』という(ふうに感じる)試合でしたね、守備面では」

2020年10月01日 17:27 by akanuma_keiko

●新井章太選手:

Q:今日は0-0で終わりましたが、守備面では最後までコンパクトにできていてよかったと思います。そのあたり、後ろから見ていて新井選手の評価というか守備の手応えはどうですか。
「いや、本当に今、言われたとおり、実際にやっているほうも『すごく良くなったな』という(ふうに感じる)試合でしたね、守備面では。あとは本当に決めきるというか、シュートまでどうやって持っていくかだったので。そこは課題になりますけど、本当にこの2試合、結果にも表われているように、守備での貢献度はみんながすごく高いなという印象はあります」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】プレビュー:千葉と同じ12戦負けなしの岡山の堅守を破り、速くて流動的な攻撃に対応して守りたい

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)