ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:集中を切らさず粘り強い堅守を見せるも、攻撃は精度と連係を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs京都】レポート:集中を切らさず粘り強い堅守を見せるも、攻撃は精度と連係を欠いてスコアレスドロー

2020年10月02日 08:44 by akanuma_keiko

 

2試合連続無失点は何よりも大きな成果だ。しかもJ2得点ランキングトップのピーター ウタカを擁する京都の抜け目ない攻撃に対して、しっかりと粘り強く、緩みがほとんどないマークで連係よく守る場面が多かった。だが、その一方で攻撃面には課題が残った。今節は連係面やクロスボールの精度が悪いのが目につき、決定機を作るどころか、シュートまで持っていけないのが目立った。これまで、いい守備ができていれば、いい攻撃に移れる試合もあったが、今節は攻撃に転じてもいい形がなかなか作れず、無得点に終わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【岡山vs千葉】プレビュー:千葉と同じ12戦負けなしの岡山の堅守を破り、速くて流動的な攻撃に対応して守りたい

【岡山vs千葉】レポート:序盤は岡山のプレスに苦しむも修正を図り、セットプレー絡みなどの3得点で勝ちきる

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

【千葉vs京都】レポート:堅守で無失点も『1点』を奪えない課題を残し、目の前で京都にJ1昇格を確定される

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)