ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:集中を切らさず粘り強い堅守を見せるも、攻撃は精度と連係を欠いてスコアレスドロー

新井章太選手「自分が一番前に立ってみんなを引っ張っていくというのも大事だと思いますし、それをやっぱり僕だけじゃなくていろんな選手に分かってほしい」

2020年09月29日 07:56 by akanuma_keiko

写真:1月6日撮影

●新井章太選手:

Q:GKはフィールドプレーヤーよりも走らないとはいえ、連戦になると(試合会場への)移動もありますし、(試合の)メンバーが変わることもあるので、かなり疲れもあると思うのですが、新井選手の場合はどうですか。

「実際は体力的な問題というよりもGKだと頭が疲れたりするので、そこをクリアにすることを最優先にしています」

Q:移動の疲れはそこまでは…。

「まあ、移動はたいしてそんなに感じないかなというか、ゆっくり寝られればいいと思っているので、しっかり試合後も寝る時間だけはとるようにしています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「守備は良くなっているんですけど、攻撃の時のアイデアがまだまだ足りない」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

髙橋壱晟選手「(福岡は前回対戦時の)後半のアディショナルタイムで同点になってから負けていない。それを僕らが止められるようにやっていきたい」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

新井一耀選手「チャレンジするのか、しないのかという一瞬の判断のところは、もっともっと伸ばしていかなきゃいけないと、自分自身思います」

【福岡vs千葉】レポート:守備のポジショニングのまずさで失点し、チャレンジ不足で『1点』が取れずに敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)