ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

【千葉vs大宮】プレビュー:攻守の課題をどれだけ修正できたか、強豪相手に確認しながら勝利を目指す一戦

2020年06月27日 11:22 by akanuma_keiko

ようやくJ2リーグ戦が再開となる。2月23日の開幕戦で、千葉は攻撃的なサッカーが持ち味の琉球に対して1-0で勝った。近年、失点数の多さが大きな課題だった千葉にとって、無失点勝利は幸先のいいスタートとなった。だが、その後に新型コロナウイルスの影響でJリーグの公式戦は中断・延期になり、3部練習も含めて図ったフィジカルの強化はほぼやり直しに近い状態といえる。また、戦術面にしても、30日に全体トレーニングを再開したものの、6月26日のオンライン取材で尹晶煥監督は「(再開当初は)守備の部分ですごく不安定なところがあった。そこを重点的にやった」と語った。攻撃面とともに開幕戦では課題だった部分の修正や改善がどれだけできているか。その確認が注目ポイントだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)