ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

尹晶煥監督「我々には見据えている目標があるので、再開する試合の重要性をまず知って、試合に入ることが重要だと思います」

2020年06月26日 18:49 by akanuma_keiko

【写真】2月20日撮影

※千葉の担当記者たちのzoomによるオンライン取材でのコメントです

●尹晶煥監督:

Q:J2リーグ戦の中断期間が明けて、今週末(6月27日)に再開初戦となりますが、再開初戦を迎えるにあたっての率直な感想を教えてください。

「長い期間、先行きが見えない時間が続いたのですが、正直、再びリーグ戦が始まるということでドキドキするという部分もありますし、今季の開幕戦とは違った気持ちでもあります。サポーターの方々は(試合をスタジアムで)見られない、選手だけの試合になるのですが、そういう雰囲気にどう適応するかというのが少し心配ではあります」

Q:今、おっしゃられたとおりリモートマッチ(無観客試合)になるのですが、リモートマッチということで選手に注意して言っておきたいことはありますか。

「これは普通の正式な試合なので、まずは常にやってきたとおり、今までどおりやるということが大事です。サポーターが(スタジアムに)いないということ以外、変わりはないので。我々には見据えている目標があるので、再開する試合の重要性をまず知って、試合に入ることが重要だと思います。本当に最善を尽くすしかないですし、再開初戦を戦うからには結果を出せるように頑張ります」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が切実な思いを持って、強い気持ちを持って臨まなければいけない」

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

増嶋竜也選手「どんな形でもいいので勝ってチームの自信にしたい」

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

堀米勇輝選手「セットプレーが鍵になる」

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)