ジェフ便り

【甲府vs千葉】レポート:攻守の内容には課題が多く見られたが、江尻体制初の複数得点で第7節以来の勝利

【甲府vs千葉】レポート:攻守の内容には課題が多く見られたが、江尻体制初の複数得点で第7節以来の勝利

2019年05月06日 18:35 by akanuma_keiko

千葉にとっては第7節・琉球戦以来の勝利だった。単純にシュート数だけを比較しても、千葉は得点になった2本のシュートだけだったのに対して甲府は15本で、猛攻を仕掛けたこともあって後半の甲府は10本のシュートを打ち、その1本がゴールにつながった。千葉は攻守ともに課題が残った内容ではあったが、何よりも欲しかった勝点3を獲得した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岐阜】レポート:攻守に『前へ』のアグレッシブなプレーを見せ、果敢に猛攻を仕掛けて5得点の快勝

【千葉vs岐阜】レポート:攻守に『前へ』のアグレッシブなプレーを見せ、果敢に猛攻を仕掛けて5得点の快勝

乾貴哉選手「落ち着いてボールを回せて、個人的にはまあまあという感じで、でも、ちょっとは納得できた試合かなと思います」

【千葉vs岐阜】レポート:攻守に『前へ』のアグレッシブなプレーを見せ、果敢に猛攻を仕掛けて5得点の快勝

熊谷アンドリュー選手「後半も同じサッカーができるようにならないと勝っていけるチームにならない。もっともっと追求しないといけない」

【千葉vs岐阜】レポート:攻守に『前へ』のアグレッシブなプレーを見せ、果敢に猛攻を仕掛けて5得点の快勝

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)