ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:オウンゴールの失点と退場処分の影響もある中、準備不足で柔軟な対応ができずに大敗

【千葉vs山口】レポート:オウンゴールの失点と退場処分の影響もある中、準備不足で柔軟な対応ができずに大敗

2019年03月11日 19:12 by akanuma_keiko

1-4で敗れた前節(第2節・新潟戦)に続く大量失点で、今節は山口に2-5と敗れた千葉は、ついに最下位に転落した。5分にオウンゴールで失点したのに加え、14分に堀米勇輝が一発レッドで退場処分と、千葉にとってはアクシデントともいえるマイナス要素が連続発生し、不運だったことは否めない。だが、早くに退場者を出して数的不利になったチームがビハインドの状況であったとしても、そのチームが必ずしも負けてしまうわけではない。やりようによっては引き分け、あるいは逆転勝利を得ることも不可能ではない。敗因には今節に向けての準備不足、そして監督と選手の状況判断と対応力のなさがある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)