ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:オウンゴールの失点と退場処分の影響もある中、準備不足で柔軟な対応ができずに大敗

【千葉vs山口】プレビュー:攻守でハードワークを徹底し、味方を助ける効果的なプレーで今季初勝利を狙う

2019年03月09日 20:05 by akanuma_keiko

愛媛と対戦したJ2リーグ開幕戦は矢田旭、茶島雄介が前半のうちに負傷で交代出場した中でスコアレスドローに終わり、必勝を期して新潟との対戦となる前節(第2節)のホーム開幕戦に臨んだ千葉。ちばぎんカップと開幕戦は4-2-3-1システムだったのを4-1-2-3システムに変更したこともあり、矢田の代わりに小島秀仁、茶島の代わりにクレーベがスタメン出場となった。だが、攻守ともに連係が今一つで新潟を脅かすような攻撃があまりできず、試合中に3回システムを変更したものの、得点は堀米勇輝のCKから増嶋竜也がヘディングシュートを決めた1点のみ。守備は前からのプレスがうまくハマっていない時間帯もあり、特に終盤に失点を重ねた。それについては、完全非公開だった3月8日のトレーニング後の囲み取材で、フアン エスナイデル監督が「最後のほうで崩れてしまったのは私のせいでもある。というのは、もしかしたら必要のない時にマス(増嶋竜也)(がプレーする位置)を前のほうに上げてしまった。そういうところも関係しているかと思います」と話した。だが、試合を通して新潟にボールをうまく動かされた印象が強く、守備の連動性の不足に加えて球際の勝負でも後手を踏んでいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)