ジェフ便り

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

指宿洋史選手「うちもチームとしてしっかりやるべきことをやって、あとはしっかり勝ちきること」

2018年09月15日 23:46 by akanuma_keiko

【写真】前節(第32節)の岡山戦では溝渕雄志のクロスにファーサイドで合わせて先制点を奪った指宿洋史は「FWとしてはDFとGKの間が一番チャンスになるので狙っているし、ニアサイドやファーサイドで空いているほうを意識している」と話した。 

●指宿洋史選手:
Q:前節(第32節・岡山戦)での先制ゴールの場面では、本当にいいクロスに入りこんだなと思うのですが…。
「そうですね」

Q:あの場面について詳しく教えてもらってもいいですか。
「いや、もう、あの場面は本当に、右サイドをうまく崩して、ミゾ(溝渕雄志)からホントにいいボールが来たので、あとは合わせるだけでよかったです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【ちばぎんカップ直前レポート】攻守両面での的確なポジショニング、効果的なボールの動かし方を意識して実践する。

熊谷アンドリュー選手「ボールがちょっと足につかなくて疲れてしまったところがあるし、今日は反省するシーンが多い試合になっちゃったかなという感じがあります」

熊谷アンドリュー「攻撃にもっともっと関わらないといけないと思っているので、そこはもっと試合中に出せればいい」

熊谷アンドリュー選手「ボールがちょっと足につかなくて疲れてしまったところがあるし、今日は反省するシーンが多い試合になっちゃったかなという感じがあります」

アランピニェイロ「チームの助けとなるためにできるだけ多くの点を取りたい」

熊谷アンドリュー選手「ボールがちょっと足につかなくて疲れてしまったところがあるし、今日は反省するシーンが多い試合になっちゃったかなという感じがあります」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)