ジェフ便り

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

【福岡戦直前レポート】相手のマークを外す動きを生かしたパスワーク、激しい球際の攻防を制して得点を狙う

2018年09月15日 21:48 by akanuma_keiko

10時からのトレーニングとなっていたが、前日(9月13日)と同様に選手たちはまずユナイテッドパークのクラブハウス内でウォーミングアップのトレーニングを行ない、稲毛海浜公園スポーツ施設(球技場)に到着したのは10時30分を過ぎていた。稲毛では雨が降っていて、選手たちがトレーニングを開始した頃は一眼レフのカメラのシャッタースピードが800分の1秒だと雨粒が写ってしまうくらいの降雨状態だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【ちばぎんカップ直前レポート】攻守両面での的確なポジショニング、効果的なボールの動かし方を意識して実践する。

熊谷アンドリュー選手「ボールがちょっと足につかなくて疲れてしまったところがあるし、今日は反省するシーンが多い試合になっちゃったかなという感じがあります」

熊谷アンドリュー「攻撃にもっともっと関わらないといけないと思っているので、そこはもっと試合中に出せればいい」

熊谷アンドリュー選手「ボールがちょっと足につかなくて疲れてしまったところがあるし、今日は反省するシーンが多い試合になっちゃったかなという感じがあります」

アランピニェイロ「チームの助けとなるためにできるだけ多くの点を取りたい」

熊谷アンドリュー選手「ボールがちょっと足につかなくて疲れてしまったところがあるし、今日は反省するシーンが多い試合になっちゃったかなという感じがあります」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)