ジェフ便り

【京都vs千葉】レポート:決定力不足でゴールが奪えず、最後まで粘りきれずに失点してJ1昇格が遠のく敗戦

【選手からの便り】キムボムヨン:サポーターのためのパフォーマンスと『無失点』に全力を尽くす

2017年09月29日 16:10 by akanuma_keiko


試合が終わると両チームの選手は審判団の両サイドに整列し、ほとんどの場合はメインスタンドの方向だけに一礼したあと、審判団と相手チームの選手と握手をして解散する。だが、キム ボムヨンはいつも試合後に整列したあと、メインスタンドの方向だけでなく、両サイドのゴール裏スタンドの方向、バックスタンドの方向へと一回りするように体の向きを変え、お辞儀をしている。千葉の選手では、例えば岡本昌弘も試合出場時にそうしているのだが、ある日、キム ボムヨンに理由を聞くとこう答えた。
「お客さんはメインスタンドだけでなくスタジアム全体にいるので。みんなが応援してくれていて、僕はありがたいなと思うので、プロになった時からずっとそうしています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【選手からの便り】佐藤勇人:最後まで手を抜かずにやることをやり続ける意味を身を持って示す

【選手からの便り】佐藤勇人:最後まで手を抜かずにやることをやり続ける意味を身を持って示す

選手からの便りバックナンバー

【選手からの便り】佐藤勇人:最後まで手を抜かずにやることをやり続ける意味を身を持って示す

【選手からの便り】大久保裕樹:どんな立場でも、どんな状況でも、J1昇格に必要な選手になるために

【東京Vvs千葉】レポート:パスやクロスの精度を欠いて決定機を作れず、選手のミスと采配ミスが重なって敗戦。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)