ジェフ便り

【岐阜vs千葉】レポート:アウェイでの勝利と6ゴールには相手の守備の脆さを考慮し、4失点は猛省と修正が必要。

【岐阜戦直前レポート】ゴールを奪うための連係プレー、そして攻守両面で相手との1対1での強さを意識

2017年06月25日 09:11 by akanuma_keiko
 
 
【写真】炎天下で行なわれていたシュート練習で、待機しているGK陣とDF役の選手たち。

梅雨入りしたものの連日雨が降り続く日がまだあまりないため、梅雨の中休みとはいいにくいような快晴で、真夏の暑さが感じられた6月23日のユナイテッドパーク。10時から練習はスタートしたが、6月21日の天皇杯2回戦・東京V戦にスタメン出場した選手はGKの佐藤優也も含めて、前日に続いてクラブハウス内のトレーニングルームでの調整となり、それ以外の選手は炎天下で必死にトレーニングに取り組んで汗を流した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やっぱり守備が堅くなったぶん、攻撃もスムーズに行けるようになったところもある」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

小田逸稀選手「もっとアシストもしたいし、得点にも絡んでいきたい」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合ですし、集中力が90分続けば、うまく試合を運べるんじゃないかなと思います」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)