ジェフ便り

【千葉vs名古屋】試合レポート:近藤欠場のアクシデントを選手一丸となって乗り越え、攻守が機能して2-0の快勝。

【名古屋戦直前レポート】1対1の場面で負けることなく、相手を前に行かせない守備をする。

2017年03月10日 16:05 by akanuma_keiko
青空が広がった3月9日のユナイテッドパークは冷たい風が吹くことがほとんどなく、重ね着をしていて日向で動き回っていると暖かく感じるほどだった。それでも、手袋をしないでずっと指導していたフアン エスナイデル監督は、全体練習後には手が冷たくなったのか両手をこすり合わせるようなしぐさをしていた。
 
10時からスタートした練習は、体幹トレーニングなどのウォーミングアップを終えると、フィールドプレーヤーはグループに分かれてパス&ムーブでパスを出す角度、パスを受ける時の体の向き、的確なポジションをとるためのランニングを確認。GK陣はハイボールのキャッチング練習に取り組んだ。
 
【写真】紅白戦形式の戦術練習で赤のビブスのチームの選手に注意と指示をしているフアン エスナイデル監督。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

茶島雄介選手「どこでも出られるように準備したい」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

増嶋竜也選手「みんな明るいし、うまい選手が多いので、楽しくやっています」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

佐藤優也選手「チームスローガンはパシオン(情熱)、それに進化をプラスするみたいなことで、できればいい」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)