ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:水戸のミスと新井章太の好守に助けられ、攻守は課題だらけもPKで1点を奪っての勝利

【水戸vs千葉】レポート:水戸のミスと新井章太の好守に助けられ、攻守は課題だらけもPKで1点を奪っての勝利

2022年10月04日 12:54 by akanuma_keiko
2022年10月04日 12:54 by akanuma_keiko

内容は決して褒められたものではない。だが、『1点』を取りきって勝ちきったのは、終始、ボールを保持して攻め続けた水戸ではなく、押し込まれる展開が長かった千葉だった。

前節(第38節・熊本戦)と前々節(第37節・山形戦)は複数の決定機を作りながらも『1点』が遠かったのだが、今節は米倉恒貴が水戸の鈴木喜丈のファウルを受けて得たPKを櫻川ソロモンが蹴ったワンチャンスのみ。だが、そのPKを櫻川がしっかりと決め、決勝点となる『1点』を奪った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)