ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:水戸のミスと新井章太の好守に助けられ、攻守は課題だらけもPKで1点を奪っての勝利

西久保駿介選手「水戸はコンビネーションプレーを多くしてくるチームで、そこを潰せば自分たちにもチャンスが来ると思う」

2022年10月01日 11:02 by akanuma_keiko
2022年10月01日 11:02 by akanuma_keiko

2022年1月10日撮影(クラブ提供)

●西久保駿介選手:

Q:今日は何か自主練習をやったのですか。
「今日は(髙橋)壱晟くんとシノくん(篠原友哉)の3人でずっとパスをしていました。三角でワンタッチだったり、ツータッチだったり、細かいパスの練習をしていました」

Q:それは何でやろうと思ったのですか。
「コンビネーションに大事なのはやっぱり基礎だと思うので、そこからまず自主練習でやっていきたいなと思ったからです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新明龍太選手「自分の特長である推進力だったり、常にゴールを意識したプレーだったりを、練習から出していってアピールしていきたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

近藤壱成選手「今季の目標は試合に出てチームの勝利に貢献すること。試合に出るために何をしなきゃいけないのかというのを365日考えて生活したい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

小森飛絢選手「大卒のルーキーイヤー二桁ゴール。自分が千葉での第一号になりたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)