ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:水戸のミスと新井章太の好守に助けられ、攻守は課題だらけもPKで1点を奪っての勝利

【水戸vs千葉】プレビュー:水戸のプレスに負けずに攻撃を工夫し、攻守のハードワークで勝って連敗を止めたい

2022年10月02日 12:20 by akanuma_keiko
2022年10月02日 12:20 by akanuma_keiko

第37節・山形戦を0-2で敗れ、J1参入プレーオフ進出圏内(3位から6位)に入るには、もう残り5試合全勝が最低条件で前節(第38節・熊本戦)を迎えた千葉。互いに攻め合う展開が続いたものの、前半の終盤には千葉が高木俊幸、田口泰士のシュートという決定機を作ったが、ここで先制できなかったのが痛かった。その後に連続で決定機を作った熊本は、後半に入って千葉が52分に見事なパスワークからの髙橋壱晟の決定機をモノにできないでいると、千葉の守備に連係ミスや寄せの甘さが出てきたのを見逃さなかった。55分から立て続けに決定機を作ると、59分、3バックの右サイドの黒木晃平が中央に入って行くのにほかの選手が絡む、流動的なポジションチェンジの攻撃から黒木が先制点を奪取。千葉は同点、さらに逆転を目指すために選手交代をするなど、状況を変えようとしたが実らなかった。最後まで『1点』を奪えず、2試合連続無得点となる0-1の敗戦。J1参入プレーオフ進出圏内入りが非常に厳しくなった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【オシム元監督追悼試合コラム】強いジェフのスタイルとオシム元監督の笑顔

【オシム元監督追悼試合コラム】強いジェフのスタイルとオシム元監督の笑顔

【無料掲載】サッカー教室フォトレポート

【オシム元監督追悼試合コラム】強いジェフのスタイルとオシム元監督の笑顔

【無料掲載】オシムゲート除幕式フォトレポート

【オシム元監督追悼試合コラム】強いジェフのスタイルとオシム元監督の笑顔

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)