ジェフ便り

【長崎vs千葉】レポート:3人の負傷交代のアクシデントがあったが、早い時間の先制点が奏功して2-0の勝利

【長崎vs千葉】レポート:3人の負傷交代のアクシデントがあったが、早い時間の先制点が奏功して2-0の勝利

2022年05月28日 16:51 by akanuma_keiko
2022年05月28日 16:51 by akanuma_keiko

 

先制点を相手に取られずに自分たちが取る。シンプルではあるものの、千葉にとっては実現がなかなか難しいことを、今節でやりきった千葉。試合開始早々の6分に末吉塁、前半だけの出場で高木俊幸が、78分に熊谷アンドリューが負傷交代のアクシデントがあったが、10分と早い時間に新井一耀が先制点を奪い、68分には新戦力のチアゴ デ レオンソに待望のJ初ゴールが生まれた。後半には長崎に決定機を作られたものの、無失点に抑えて複数得点&無失点での勝利。5連戦の2試合目となる今節は、決定機を複数作りながらも相手に先制点を奪われ、0-1で敗れた第16節・秋田戦、後半のアディショナルタイムの鈴木大輔の得点で追いついた前節(第17節)の熊本戦で、攻守の課題となっていたところを完全にとまではいかないまでも、クリアしたことで欲しかった勝点3を得ることができた。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【岩手vs千葉】レポート:岩手に多くの決定機を作られるも1失点で、試合内容は悪くとも2点を取って競り勝つ

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)