ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:スタメン変更が裏目に出て攻守が機能せず、後半は選手交代で反撃するも及ばずに敗戦

安田理大選手「何かこう終盤になってきてちょっと自信をつけてきたのかなというのを感じますね」

2020年11月28日 19:33 by akanuma_keiko

写真=2月20日撮影

●安田理大選手:


Q:前節(第36節)の山口戦はチームとしても球際でいい戦いができていたし、だからこそ千葉のほうにセカンドボールも転がってきたと思いますし、いい守備からいい攻撃というのができたことで2得点、複数得点の結果になったと思います。改めて試合を振り返ってみていかがでしょうか。
「あの試合だけじゃなくて、負けはしましたけど、(第35節)長崎戦もその前の試合(第34節・新潟戦)も含めて最近はけっこうみんな球際とかで強く行けたり、局面のところで戦ったりしていて、徐々にそういうプレーができてきたことで、セカンドボールが自分たちのほうに転がってきたりとかするというふうにつながってきているかなというのは感じますね。この前(前節)の2点目も(山口の)GKのミスですけど、今まではああいうのがなかったのが、ああいうふうに(GKが蹴ったボールが熊谷アンドリューのところに来るという)ラッキーな形でボールが来たりとか、何か徐々に流れが来つつあるのかなというのは感じます」

Q:その流れが来ている要因を安田選手はどう考えていますか。
「さっきも言ったとおり、みんなが集中してできているというのが1つあると思うし、あとは自分たちでボールを持つ展開というのも増えてきていると思うし、何かこう終盤になってきてちょっと自信をつけてきたのかなというのを感じますね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)