ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:スタメン変更が裏目に出て攻守が機能せず、後半は選手交代で反撃するも及ばずに敗戦

尹晶煥監督「キーポイントとしては遠藤と中野という2人の選手になるんじゃないかなと思います」

2020年11月29日 08:11 by akanuma_keiko

写真=2月20日撮影

○尹晶煥監督
Q:前節(第36節)の山口戦だけではなく、チームとしてはかなり手応えのある試合が続いているというか、守備では選手それぞれがいい立ち位置でポジションをとって、ディフェンスラインも揃っていたと思います。そして、攻撃では相手陣内の深いところまで入っているのが、得点につながっていると思います。そのあたりのチームの評価はいかがでしょうか。

「前と比べたら守備も攻撃も少しずつは良くなっているなという感じはしますね。攻撃面ではワンタッチプレーとか『3人目』の動きとかがけっこう増えてきて、カウンター攻撃の時はそれがうまくいったりするということができたので。この前(前節)の試合ではうまくできたなと思います。でも、あれくらいだったら、まだまだ足りないので。例えばセットプレーでももっとしっかり点を決められるような感じにしないといけないです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もちろん自分たちのサッカーをやらないといけないとは思います。ただ、守備の時間が長くなると思うので、その集中力のところを90分間保っていれば、僕らにもチャンスは絶対あると思う」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

新井章太選手「(川崎は)育ててもらった大事なクラブですし、僕にとって大切なチーム。だけど、今、僕が所属しているのはジェフなので、もう絶対にそんなことは頭に入れず、ジェフのゴールを守ることだけに集中して、しっかり全部止めたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「今回はやりづらさを感じているのは向こう(川崎)のほうなので、そういう隙をしっかり突いてやっていきたい」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)