ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:スタメン変更が裏目に出て攻守が機能せず、後半は選手交代で反撃するも及ばずに敗戦

【千葉vs磐田】レポート:スタメン変更が裏目に出て攻守が機能せず、後半は選手交代で反撃するも及ばずに敗戦

2020年12月01日 11:51 by akanuma_keiko

 

5連戦の3戦目だった今節だが、千葉の尹晶煥監督最近は試合にあまり出ていない選手の走力や運動量を期待して前節(第36節・山口戦)からスタメンを5人変更したのに対して、磐田の鈴木政一監督は6試合ぶりの勝利を収めた前節(第36節・琉球戦)からスタメンを変更しなかった。だが、試合が終わってみれば、試合後のオンラインの記者会見で尹晶煥監督が「前節で勝利したメンバーのままで勢いを持って戦いたかったが、新しい選手を入れることで活性化しようと試みた。だが、そこがうまくいかなかったところで、全体的に組織的な守備ができなかった」と振り返ったように、スタメン変更が裏目に出た。磐田は攻守ともに連動性の高いプレーを見せたが、前半の千葉は前からのプレスがうまくハマらず、攻撃に転じても前線での収まりが悪いため、フィニッシュに持ちこめなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)