ジェフ便り

【千葉vs磐田】レポート:スタメン変更が裏目に出て攻守が機能せず、後半は選手交代で反撃するも及ばずに敗戦

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

2020年11月29日 08:17 by akanuma_keiko

 

山口と対戦した前節(第36節)の千葉は、クレーベと船山貴之の前線からの守備が、山口のアンカーの佐藤健太郎がセンターバック2人の位置に下がってビルドアップに加わる攻撃にうまく対応。さらに、攻撃では田口泰士がこれまでよりも前に出て行き、フィニッシュに近い場面に絡むプレーを見せた。だが、前半はセットプレーから複数の決定機を作りながらも、山口のGKの吉満大介の好守もあって無得点。しかし、52分、堀米勇輝のシュートが山口の選手2人に当たり、それが結果的に自分へのいいパスになったクレーベがヘディングシュートを決めて先制点を奪取した。だが、山口の選手交代による変化に対応できないでいた68分、交代出場のイウリに同点ゴールを奪われてしまう。そして、勝ち越しを狙う千葉に好機が訪れる。吉満のパントキックのボールが熊谷アンドリューのところに行き、熊谷のダイレクトパスを受けた田口のスルーパスからクレーベが勝ち越しゴールをゲット。その後の山口の決定機はいずれも新井章太のセーブで防ぎ、2-1で勝ちきった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

見木友哉選手「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がない」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「結果は負けてしまいましたけど、自信を持っていいと思います」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)