ジェフ便り

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

【町田vs千葉】プレビュー:攻守両面で球際の強さを発揮し、アイデアのある攻撃と集中力を維持した守備を目指す

2020年08月08日 18:05 by akanuma_keiko

3連戦のラストゲームだった前節(第9節・群馬戦)は、相手がしっかりパスをつないでくることもあり、以前よりもディフェンスラインの位置を高く設定し、全体をコンパクトにして前線からプレスをかけるようにした。群馬のミスもあって千葉がボールを保持して優位に試合を進め、35分にはCk後の流れから山下敬大が先制点をゲット。その勢いのまま追加点を奪いたかったが、群馬の反撃をはね返しきれず、45+2分にはペナルティエリアに侵入した群馬の白石智之に対応した安田理大のプレーが、不運にも主審にファウルと判定されてしまう。45+3分にPKを決められて同点に追いつかれ、後半もボールを保持したのは千葉だったが、パスの出し手と受け手の狙いやタイミングが合わないなど、シュートは打てても決定的な得点チャンスをなかなか作れなかった。すると90+5分、群馬のCKのボールは矢田旭に当たってコースが変わり、安田と新井章太が反応するも群馬の小島雅也にシュートを決められて失点。1-2の逆転負けで早くも5敗目を喫し、第9節終了時の戦績は3勝1分5敗の勝点10で15位と、目指す姿とは大きく違ってしまった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)