ジェフ便り

【山口vs千葉】レポート:攻守に『前へ』のプレーは復活傾向だが、寄せの甘さや判断など守備の弱さが出て敗戦

【山口vs千葉】プレビュー:前節で消極的なプレーが多かった攻守を反省し、アグレッシブに泥臭くプレーしたい

2019年10月26日 17:01 by akanuma_keiko

第35節・山形戦で1-4の大敗を喫し、J1昇格の可能性が完全消滅したあとの第36節・長崎戦では2-0と無失点勝利を収めた千葉。依然として残る攻守の課題はあるものの、攻守で好材料を得て前節(第37節)の千葉ダービーに臨んだはずだったが、結果は0-3の完敗だった。攻守両面で出足の鋭い柏の圧力に押されがちの展開となり、千葉の攻守には消極的なものが目立った。19分にCKのこぼれ球への対応で相手に後れをとって失点。その3分後には競り合ったところで柏にボールを奪われ、カウンター攻撃から2点目を奪われた。攻撃では柏のプレッシャーに対して消極的になったことでスピーディーなボールの動かしができず、結果的に手数と時間をかけさせられる形になってなかなかフィニッシュに持ちこめない。反撃したい後半の公式記録のシュート数は、交代出場の船山貴之の直接FKの1本のみで、試合を通してもわずか4本だった。逆に、柏には19本ものシュートを浴びせられ、61分にはまたもやCKからのこぼれ球で失点してしまった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)