ジェフ便り

【山口vs千葉】レポート:攻守に『前へ』のプレーは復活傾向だが、寄せの甘さや判断など守備の弱さが出て敗戦

【山口vs千葉】レポート:攻守に『前へ』のプレーは復活傾向だが、寄せの甘さや判断など守備の弱さが出て敗戦

2019年10月28日 16:54 by akanuma_keiko

今節を含めた今季の残り5試合に向けて、江尻篤彦監督は10月24日の囲み取材で「もう一度守備で複数失点をしたくはない」という言葉を口にした。だが、結果は2-3と複数失点での敗戦。それも、局面でしっかりと体を張っていれば防げた失点での敗戦だ。守備に関する問題点は、選手個々の部分もチームとしての組織の部分もあまりにも根深く、やるべきことができなさすぎることが改めて露呈した一戦だった。

今節の千葉のスタメンは、0-3で敗れた前節(第37節・柏戦)と同じだった。江尻監督は前述の囲み取材で、鳥海晃司のボランチ起用について「僕の意地で、もう1回行くかもしれないですね」と話したが、今節もダブルボランチは鳥海と熊谷アンドリューのコンビ。前節はベンチに入っていた佐藤勇人は、コンディションの問題もあって試合のメンバー外だった。また、前節は好プレーが少なく、試合後に江尻監督が「今日は彼の良いプレーを引き出せなかったと思う」と評価したアラン ピニェイロは、前節に続いて右サイドハーフでスタメン出場。今季初ゴールをマークして攻撃では1得点1アシストと活躍した。
一方、山口も千葉と同様に、スコアレスドローに終わった前節(第37節・鹿児島戦)と同じスタメンだった。前節は勝てなかったとはいえ、川井歩のU-22日本代表のブラジル遠征追加招集による不在など、やむを得ない事情以外ではほとんどスタメンを変更せず、4試合負けなし(2勝2分)の結果を出してきた、いい流れを汲んでのものだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都vs千葉】プレビュー:『3人目』の動きでフィニッシュの質を高め、強度とスピードのレベルを上げて守る。

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)