ジェフ便り

【山口vs千葉】レポート:攻守に『前へ』のプレーは復活傾向だが、寄せの甘さや判断など守備の弱さが出て敗戦

江尻篤彦監督「山口がいい守備をしてきた時に、我々が山口の守備をかいくぐるというよりは山口のゲームプランを壊したい」

2019年10月25日 17:37 by akanuma_keiko

【写真】9月26日のトレーニングで、全体トレーニング終了後にクールダウンのストレッチをしている選手の様子を見ている江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:
Q:やはり前節(第37節)の千葉ダービーで0-3の敗戦というのは、やはりちょっと痛いですが、前々回の囲み取材でJ2残留には(勝点が)あと6ポイント必要とお話しされていて、第36節・長崎戦で3ポイント取りました。前に進むためにも残りの3ポイントをというところですが。
「そうですね。それが最低ラインだと思っているので。まだ何が起こるかわからないので、そこは今回、しっかり目指したいところですし、少なからず(今節の対戦相手の)山口はうちよりも上の順位(千葉が17位で、山口は14位)ですから、何とかいいゲームはしたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が切実な思いを持って、強い気持ちを持って臨まなければいけない」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

増嶋竜也選手「どんな形でもいいので勝ってチームの自信にしたい」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

堀米勇輝選手「セットプレーが鍵になる」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)