ジェフ便り

【千葉vs岐阜】レポート:攻守に『前へ』のアグレッシブなプレーを見せ、果敢に猛攻を仕掛けて5得点の快勝

江尻篤彦監督コメント「感じているんだったら、やっぱりもっともっと表現してほしい」

2019年05月17日 12:25 by akanuma_keiko

 【写真】ハーフコートでの攻守のトレーニングで、プレーが止まったところで選手全体に向かって話をする江尻篤彦監督。

Q:今節はフクアリで千葉のレディースとトップチームの試合がダブルヘッダー(※12時からプレナスなでしこリーグ1部第9節・INAC神戸戦、16時からJ2リーグ第14節・岐阜戦)になります。
「はい、そうですね」

Q:レディースの藤井(奈々)監督が「プレッシャーです。うちが先にこける(=負ける)わけにはいきません」とおっしゃっていました。レディースの選手たちも「トップチームにつなげるためにも、是非とも勝ちたいです」と言っていましたが、ダブルヘッダーについてはどうですか。
「そうですね。去年もたぶんこういう試みはあったと思うのですが、本当にレディースは本当にいい形で来ていると思うので、レディースにうまく続けるように頑張りたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

【無料掲載】9/19練習の様子(写真6枚)

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

【徳島戦直前レポート】江尻篤彦監督「もう一度トレーニングの質と量を上げて、自立というものを促していかなければならない」

【徳島戦直前レポート】サイドチェンジとダイアゴナルランを効果的に使い、いいポジショニングで得点する

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)