ジェフ便り

【金沢vs千葉】レポート:プレスを受けてなかなかフィニッシュに持ちこめず、守備に甘さが出て0-1で敗れる

【金沢vs千葉】プレビュー:得点数がJ2リーグ2位の金沢の勢いを封じ、距離間と連動性のいい攻守で3連勝を狙う

2019年04月07日 08:37 by akanuma_keiko

第6節終了時でJ2リーグ最多得点の14得点を叩き出し、首位に立つ琉球と対戦した前節(第7節)の千葉。前半の半ばあたりまでは千葉のプレスをかわすパスワークもあって琉球にペースを握られたが、時間の経過とともに千葉はそのパスワークに対応するようになった。そして、34分、今季初スタメンの佐藤寿人が後方からのパスワークで作った決定機で、彼らしい得点への嗅覚と俊敏な動きを披露して先制ゴールをゲット。互いに選手交代を行ない、千葉は追加点を、琉球はまず同点ゴールを狙ったが、その後、スコアは動かずに1-0で千葉が勝ち、連続無失点勝利で今季のホームゲーム初勝利を挙げた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)