ジェフ便り

【千葉vs金沢】試合後の選手コメント(熊谷アンドリュー、山本真希)

【千葉vs金沢】レポート:一時は3-1とリードも最後のシステム変更が逆効果となり、ミスも重なって逆転負け

2018年07月16日 18:46 by akanuma_keiko

千葉にとって非常に厳しい結果となった。千葉はフアン エスナイデル監督が天皇杯3回戦・神戸戦で採用し、失点までの30分間はよかったと手応えを得た3バックにダブルボランチ、両ウイングバックに1トップ&2シャドーでスタート。だが、試合後に熊谷アンドリューが「あんまりバランスはよくなかった。選手の距離感も最初のほうはよくなかった」と振り返ったように、選手のポジショニングや距離感がよくないことから攻守がうまく機能しなかった。失点後、試合時間が20分になる前に、監督は4バックにダブルボランチ、船山貴之がトップ下に入る3人の攻撃的MF、1トップはそのままラリベイの布陣への変更を、金沢のCKの場面で為田大貴を呼んで指示。その後、船山も確認して実行された布陣変更は、セットプレーからとはいえ3得点を生み出し、前からのプレスが機能し始めて安定感を少し取り戻した。だが、好転して千葉がつかんでいた流れは、70分の選手交代時にさらなる布陣変更を実行したことが影響して失われることになった。その布陣変更によって与えてしまったスペースを金沢にうまく使われ、選手個々や連係面でのミスも絡んで連続3失点。3-1だったスコアが最後は3-4となる痛恨の逆転負けとなった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

田口泰士選手「最後のところはやらせないっていうのはすごく大事なこと」

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

川又堅碁選手「1勝というのはすごく大きいこと」

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)