ジェフ便り

【湘南vs千葉】レポート:攻守に強い責任感と覚悟を欠くプレーが見られ、今季のJ2リーグ戦初の無得点で連敗。

清武功暉選手「誰がアプローチに行くのかもっとはっきりさせていれば、防げた失点だった」

2017年03月26日 10:07 by akanuma_keiko
●清武功暉選手:
「運動量が落ちるのは、あれだけのプレスをしているのでしょうがないところはあるんですけど、そこでもいかにボールの出所を抑えられるかとか、どこで1回線引きをするかとか。今日は全体的に前へ、前へ行けていたと思うんです、前の試合よりは。でも、そんな中で一発目を取られたというのは、特に1失点目はサイドでうちの人数が足りていた分、もったいない失点だったかなというのは思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム(1)

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム(2)

【2017年シーズン総括】新戦術に取り組んで成長したチーム

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)