ジェフ便り

【J2第20節千葉 vs 北九州】試合レポート:アクシデントの動揺を引きずって修正できず、ミスの連続やアイデアと動きの不足で完敗

エウトン選手「いろいろ足りないゲームだった」

2016年06月26日 21:58 by akanuma_keiko
●エウトン選手:
Q:今日は試合前のウォーミングアップでアランダ選手が負傷して、試合が始まってすぐに近藤直也選手が負傷するというアクシデントが続きましたが、どのようなことを意識して試合に臨んでいましたか。
「試合を始めるにあたっては必ず、この試合に勝つという気持ちだけで臨むんですけど、今日もそういう気持ちでピッチに入りました。ああいったアクシデントがあったのは残念でしたし、アクシデントがあったことで多少の動揺はあったんですけども、私たちは何としても勝とうという気持を持って試合に入りました。残念ながら前半はよくなくて、後半は少し盛り返して自分たちのサッカーができたんですけども、逆転までは持っていけなくて、いろいろ足りないゲームだったと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

サウダーニャ選手「(ゴールは)自分の得意な形でもありました。ただ、そのためにはしっかりとした準備があってこその得点だった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

【長崎vs千葉】プレビュー:新監督で今季初の無失点勝利の長崎の勢いを止め、泥臭く、我慢強く戦って3連勝を狙う

【長崎vs千葉】 見木友哉選手「あそこでいい感じでボールをもらった時にターンしたら、けっこうスペースもあった」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)