ジェフ便り

【J2第20節千葉 vs 北九州】試合レポート:アクシデントの動揺を引きずって修正できず、ミスの連続やアイデアと動きの不足で完敗

試合レポート:アクシデントの動揺を引きずって修正できず、ミスの連続やアイデアと動きの不足で完敗

2016年06月27日 16:03 by akanuma_keiko

千葉には試合前のウォーミングアップでアランダが負傷し、試合開始後1分になるかならないかというところで近藤直也が負傷して4分に大久保裕樹が交代出場という連続のアクシデントは確かにあった。だが、1-2というスコアの差以上に千葉と北九州の攻守の内容には大きな差があった。アクシデント発生の動揺がプレーに如実に出てしまう精神力、そういった自分のチームの変化に加えて相手の攻守に対応できない戦術面や個の技術的な能力などで、千葉は対応力や柔軟性の不足を改めて露呈した完敗の一戦だった。

今節の千葉は前節のスタメンから2人変更。前節は出場停止だったエウトンがオナイウ阿道に代わって1トップに入った既定の変更に加え、前述のようにアランダから富澤というアクシデントでの変更だった。一方、北九州は2トップの一角を池元友樹から小松塁に代えたのみ。だが、それにはプレッシャーをかけてボールを奪ったところで、原がスペースを突いて出られるのならばそこへ、そうでなければ小松をターゲットにボールを入れて起点を作ろうとする狙いが感じられた。そして、北九州は札幌戦のようには最初から引き気味にブロックを作るのではなく、前から激しくボールホルダーにプレッシャーをかけ、ゴール前では穴のない守備網を作りにかかった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)