ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第2節岡山戦

試合プレビュー:攻守の課題の解消に取り組み、岡山の堅守を揺さぶって奪うゴールで連勝を狙う

2016年03月05日 16:41 by akanuma_keiko
徳島と対戦した開幕戦の千葉は、後半のアディショナルタイムの吉田眞紀人、長澤和輝のゴールで2-1の劇的な逆転勝利を収めた。だが、試合を通して見れば、守備では前からのプレスがうまくかからずにゴール前まで攻め込まれることが多く、攻撃面では特に前半では2トップへのサポートが遅いために選手が連動した仕掛けが少なかったという課題が残った。2得点にしても選手が最後まであきらめずに特長を出し、貪欲にゴールを狙う姿勢があったことはもちろんだが、サポーターが作り出した雰囲気の中での「力任せのサッカー」(船山貴之)が実った結果といえる。『フクアリ劇場』はプレーしている選手とサポーターを興奮させ、熱狂させるが、前半から攻守の狙いを体現できたサッカーができていれば『フクアリ劇場』は必要のないものとなる。開幕戦の結果にごまかされずに課題を見つめ、その解消に取り組む選手やコーチングスタッフの努力なくして勝利は得られない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)