ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第20節徳島戦

試合レポート:リード後の試合運びの拙さ、守備時の選手個々と連係のミスの連続で自滅の逆転負け

2015年06月29日 16:01 by akanuma_keiko

前節(第19節)・大分戦は何とか1-0で勝ちきり、第14節・金沢戦から5試合勝利なし(3分2敗)の悪い流れを断ち切ったかに見えた千葉。だが、攻守の問題点は残ったままで、今節は1-2の逆転負けを喫した。今節は千葉と勝点差3で2位の磐田は勝ったが、勝点差10で首位の大宮、勝点差3で3位の金沢は敗戦。上位との勝点差を縮め、順位を上げられるチャンスだったが、逆に4位から5位に後退した。前節終了時点で千葉とは勝点差1で6位だった札幌は、今節の大分戦が6月29日の開催。現時点での得失点差は千葉が+9で札幌が+8のため、今節で札幌が勝てば千葉はさらに6位に後退となる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs栃木】プレビュー:相手のサイド攻撃への対応を的確に行ない、プレスをかわす攻撃でゴールを狙う

【千葉vs栃木】プレビュー:相手のサイド攻撃への対応を的確に行ない、プレスをかわす攻撃でゴールを狙う

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)