ジェフ便り

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

2020年09月27日 11:58 by akanuma_keiko



J2リーグ戦の前半戦のラストゲームだった前節(第21節)で、最下位の山口と対戦した千葉。連勝で迎えた一戦は、ボールを保持して優位に試合を進めた前半に得点できなかったのが響いた。5分のカットインからの為田大貴のシュートは山口のGKの吉満大介にセーブされ、41分の田口泰士のCKからの山下敬大のヘディングシュートは枠を捉えられなかった。ゲームプランどおりに前半は我慢強く守って失点をゼロに抑えた山口は、後半に入ると攻撃の圧力を高めた。千葉は61分、66分といずれも自陣の右サイドでうまくパスをつながれ、球際の競り合い、ボールに対する寄せで負けて連続失点。90+3分にロングスローからの流れで、交代出場の船山貴之が一矢を報いるにとどまり、1-2で敗れた。

シュート数は山口の6本に対して千葉が12本だったが、千葉はシュートの決定力不足に加えて、サイド一辺倒の攻撃で工夫を欠き、試合を通して決定機といえるのは前述の3回だけ。チーム全体として中央を突くフィニッシュの形がほとんどなく、ミドルシュートも少なかった。パスワークで貢献する矢田旭は9月25日のオンライン取材で、自分のプレーに対する記者の質問に答える形で「そこでやっぱり(シュートに)行ければ相手も迷うだろうし、他のプレーも生きてくると思う。今はちょっとパスに偏りすぎていると思うから、そこの部分はもっとやっていけたら相手にとって嫌な選手になれるのかなと思っている」と話した。そして、失点に関しては、9月26日のオンライン取材で尹晶煥監督は「自陣のエリアでのプレーがけっこう軽かった。ボールに対してもっと強く行かないといけないところだった」と振り返り、山口戦の翌日には選手にそう話したとのことだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

増嶋竜也選手「試合中にトリ(鳥海晃司)がもう泣いていたので、あの顔を見たら最後はもう涙を流しながら試合をしていました」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

佐藤寿人選手「素晴らしいホームの雰囲気を作ってくれて勝つことができて、最後に笑顔で終わることができて非常に嬉しく思います」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)