ジェフ便り

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

2020年09月29日 11:16 by akanuma_keiko

 

攻守ともにいくつもの課題が残る内容ではあったが、ペナルティエリアの中では粘り強く守り、交代出場の山下敬大が上げた値千金のゴールを守りきっての勝利だった。最下位ながらもパスワークに強みがある山口と対戦した前節(第21節)では、サイドを破られてラストパスを出されたのも問題だったが、相手をしっかりマークしないといけないペナルティエリアの中で相手にしっかり寄せきれずに失点を招いた。だが、今節ではパスを受ける相手に対して素早く体を寄せ、失点を防ぐ姿が多く見られた。無失点で得た勝点3は「ボールに強く行くように」という尹晶煥監督の改めての守備の指示を遂行した結果で、その遂行にあたっては選手たちの気迫が感じられた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

増嶋竜也選手「試合中にトリ(鳥海晃司)がもう泣いていたので、あの顔を見たら最後はもう涙を流しながら試合をしていました」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

佐藤寿人選手「素晴らしいホームの雰囲気を作ってくれて勝つことができて、最後に笑顔で終わることができて非常に嬉しく思います」

【千葉vs北九州】レポート:組織と個で攻守の課題は残ったものの、勝ちたい一戦での逆転勝利で今季を笑顔で終える

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)