ジェフ便り

【J2第6節C大阪vs千葉】試合レポート「受け身になって2失点した前半が悔やまれる一戦は、後半の反撃も1点どまりの敗戦」

試合レポート:受け身になって2失点した前半が悔やまれる一戦は、後半の反撃も1点どまりの敗戦

2016年04月05日 10:39 by akanuma_keiko
敗因はいくつかあるにしても、まずは前半の戦いぶりが悔やまれる一戦だった。公式記録の前半のシュート数は、千葉がわずか2本だったのに対してC大阪は13本。2失点はいずれもセットプレーで、セットプレー時の守備ももちろん問題だが、相手にパス回しを自由にさせてしまってシュートにまで持ちこまれてしまう守備は大問題。前節(第5節)の群馬戦はスコアレスドローに終わったが、立ち上がりから攻守ともにアグレッシブに戦えていた。だが、今節は立ち上がりからいきなり勝負を決めに来たかのようなC大阪の勢いをもろに受けてしまった感じで、それをはね返すパワーが感じられなかった。筆者は現地に取材に行っていないため、実際にプレーしていた選手が前半の戦いをどう感じたのか、そうなった要因をどのように考えているのかまだわからない。だが、これをしっかり分析して修正していかないと、同じような戦いぶりをまた見せてしまうこともあり得る。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)