ジェフ便り

【J2第6節C大阪vs千葉】試合レポート「受け身になって2失点した前半が悔やまれる一戦は、後半の反撃も1点どまりの敗戦」

試合プレビュー:相手が主導権を握っても我慢強く耐えて好機をうかがい、決定機を確実にモノにしたい

2016年04月02日 14:31 by akanuma_keiko
連勝で迎えた前節(第5節)・群馬戦で昨季は果たせなかった3連勝を狙った千葉。複数の決定機を作ったが、GKの好守に阻まれたものもあり、今季初の無得点で終わってスコアレスドローとなった。3勝1分1敗の7位で迎える今節の相手は、開幕から唯一4連勝で迎えた前節で第4節終了時では最下位タイの金沢と2-2で引き分けたC大阪。前節終了時は4勝1分で勝点13は熊本と同じだが、得失点差で2位となっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)