ジェフ便り

【過去からの便り】6連勝達成を求める熱い想いと冷静な判断が生んだ決勝ゴール ~2007年J1リーグ戦第28節・甲府戦~

【過去からの便り】6連勝達成を求める熱い想いと冷静な判断が生んだ決勝ゴール ~2007年J1リーグ戦第28節・甲府戦~

2020年05月26日 12:40 by akanuma_keiko


各クラブには試合終了間際の劇的な決勝ゴールの思い出があり、それが何かを決めるものであれば、なおさら思い出深いだろう。そういったゴールシーンをスタジアムにいてリアルタイムで見ることは、サポーターにとって非常に嬉しいことだし、思い出深いはずだ。そして、それはまた1つのクラブをメインに取材している記者にとっても同じだ。千葉にかかわる人々にとって、そのような思い出深い決勝ゴールの1つといえるのが、2007年10月6日に山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場で開催されたJ1リーグ戦第28節・甲府戦での青木孝太のゴールだ。

すでに優勝争いから脱落してしまった千葉がその甲府戦で目指していたのは、それまでは5連勝が最多だった連勝記録を6に更新することだった。ただし、羽生直剛は第26節から負傷欠場中で、負傷箇所が回復したばかりのレイナウドは第26節からベンチスタートという状況だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【特別コラム】試合取材ができる喜びと特別なことができるからこその責任~1993年J1リーグNICOSシリーズ第14節~

【特別コラム】試合取材ができる喜びと特別なことができるからこその責任~1993年J1リーグNICOSシリーズ第14節~

【過去からの便り】バックナンバー

【過去からの便り】6連勝達成を求める熱い想いと冷静な判断が生んだ決勝ゴール ~2007年J1リーグ戦第28節・甲府戦~

【過去からの便り】選手全員がやるべきことを遂行し、点を取りたい男に点を取らせた会心の勝利~2006年J1リーグ戦第11節・浦和戦~

【過去からの便り】選手全員がやるべきことを遂行し、点を取りたい男に点を取らせた会心の勝利~2006年J1リーグ戦第11節・浦和戦~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)