ジェフ便り

【過去からの便り】J1昇格の鍵を握ると思われる走力&スタミナの強化

【過去からの便り】J1昇格の鍵を握ると思われる走力&スタミナの強化

2020年04月14日 15:54 by akanuma_keiko

2020年2月20日、トレーニング終了後の取材で新井章太が「個人的にもコンディションはどんどん上がってきていますし、今までの開幕戦よりも体(の状態)はいい感じだと思います」と言った。筆者が「3部練習などで厳しくトレーニングをやられたおかげでしょうか」と問うと、新井章は「それは間違いないです(笑)。土台作りっていう部分ではもうしっかりしていましたし、あとはトレーニング内容とかも本当にメリハリのある、すごくいいトレーニングをしていると思うので、それのおかげだと思います」と答えた。

その時、2003年にイビチャ・オシム元監督が就任し、そのハードなトレーニングに励んだ斎藤大輔(現在は千葉の強化スタッフ)が「この歳になっても体は動くようになるんだと思った」と話していたことをふと思い出した。新井章はGKで、斎藤はDFとポジションが違うし、新井章に取材したのはシーズン当初でランニングやペース走など素走りのトレーニングが練習メニューに多くあった一方で、イビチャ・オシム元監督は素走りのトレーニングはほとんど行なわなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【特別コラム】試合取材ができる喜びと特別なことができるからこその責任~1993年J1リーグNICOSシリーズ第14節~

【特別コラム】試合取材ができる喜びと特別なことができるからこその責任~1993年J1リーグNICOSシリーズ第14節~

【過去からの便り】6連勝達成を求める熱い想いと冷静な判断が生んだ決勝ゴール ~2007年J1リーグ戦第28節・甲府戦~

【過去からの便り】6連勝達成を求める熱い想いと冷静な判断が生んだ決勝ゴール ~2007年J1リーグ戦第28節・甲府戦~

【過去からの便り】バックナンバー

【過去からの便り】6連勝達成を求める熱い想いと冷静な判断が生んだ決勝ゴール ~2007年J1リーグ戦第28節・甲府戦~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)