ジェフ便り

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

2020年03月26日 18:52 by akanuma_keiko


2つのグループに分かれて行なうトレーニングについて、ボードを使った説明を聞く選手たち。

※これまで可能な限りトレーニングの詳細についてレポートさせていただいていましたが、今回、クラブからトレーニングの狙いや意図、戦術面についての詳細な記述、スタメンなどの選手分けが明確に分かってしまう写真の掲載を避けるようにという通達がありました。そのため、クラブからの規制緩和があるまで、以前よりも細部を明確にしない内容のレポートとなることをお知らせいたします。コーチングスタッフの指示についても以前は掲載していましたが、戦術が分かるものは掲載を避けます。

吹く風には少し冷たさが残るものの、晴れわたった青空からの陽射しは暖かく、時間の経過とともに気温が上昇していった3月25日のユナイテッドパーク。コーチングスタッフはいつものように上下ともトレーニングウェアを着込んでいたが、選手はトレーニング用のパンツの下にタイツを着用している者が多いものの、ゲリアや岡野洵、チャン ミンギュ、本村武揚はタイツを着用せずにトレーニングに臨んでいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)